快適!ネイチャーライフ

お肌の悩みはつきないものですが、年齢を重ねるとどうしても衰えが気になります。
早いかただと20代からもうどんどんハリが失われていくらしいです。
お肌のアレやくすみは生活習慣に負うところが大きいようです。
例えばタバコ。
完全にお肌がくすんできます。
ビタミンCも失われるとのことですし、何しろ健康によくないです。
食生活も重要です。
バランスのとれた食事が第一だということです。
野菜がたっぷりの酵素が最近は注目されています。酵素飲料で不足した栄養分を補填すればよいのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2014/04/21 21:20:21

国際結婚というと、以前は危険の高い結婚と言われていましたが、現在は危険も減ってきているようです。
日本において、国際結婚が増えてきたのは、1980年代からのことですが、国際結婚には結婚詐欺に近いトラブルも少なくありませんでした。
現在は、このようなトラブルも減ってきていますが、完全になくなったとは言えません。
国際結婚で注意すべき点は、相手の両親や兄弟に対する経済的援助です。
特に日本人男性が東南アジア貧困層出身の女性と結婚する場合は、トラブルになりやすいので事前に確認しておく必要があります。
その他、問題点と言えば、言葉の問題、文化の違いなどが挙げられます。
やはり、言葉も文化も違う国の2人が結婚生活を送るのには色々大変なことも出てくるということを認識しておきましょう。

続きを読む≫ 2014/04/21 21:19:21

以前は、結婚式の引き出物に不要なものをもらって困る事が多かったものです。
ただでさえ荷物が多い式の帰りに、大きな引き出物を運んで家路につくのもかなりの重労働。
引き出物といえば時計やお皿が中心で、結局使わずに棚の最上段や物置にしまっておくだけでした。
場所もとるので、こういった引き出物は合理性に欠けるとも言えます。
その点で、最近浸透してきたカタログギフトはかなり合理的。
贈られた側がカタログの中から自分の欲しいものを選ぶので、不要なものをもらって困るという事はまずありません。
カタログをめくって何にするか選ぶのも楽しい瞬間です。

続きを読む≫ 2014/01/03 23:47:03

なんという事でしょう。
ついに水中でもつながるスマホが誕生しました。
防水とは言っても、シャワーや水しぶきに数時間耐えられるだけだと思っているでしょうがそうではありません。
確かに、LTE通信網は日々拡大し、山であろうが電車の中であろうが、地下であろうがつながるのは当たり前となってきました。
しかし、水の中までつながるとは誰が想像したでしょう。
この件に関しては数々のチャレンジャーが実際に水の中に入って実験しています。
このスマホのスゴイところは水中で動画の撮影、シャッターを押す事ができるのです。
スゴイ携帯の正体は、NTTドコモの『Xperia A SO-04E (Dogo)』です。
水中での通話ができるわけでは、ありませんが、美しい水の中では通話は不要でしょう。
お魚と泳ぐ写真が撮影できるなんて、ステキです。
1つだけ注意しなければいけないことがあります。
海底に携帯電話は落とされないようにだけは、お気を付けくださいませ。

続きを読む≫ 2014/01/03 23:47:03

若い頃は何ともなかった夜勤が、年齢と共に辛くなるというのは、看護師さんから良く聞くことです。
夜勤は、仮眠の時間はありますが、その時間に眠れないこともあります。
枕が変わると眠れない・・という人などは、その仕事に向いていないと思った方が良いでしょう。
いつでもどこでも眠れるという人が、一番夜勤の仕事には向いていると思います。
生活のリズムが夜勤により崩れてしまいます。
若いうちはすぐにその不調も解消されるようですが、年齢とともに、何日間か引きずってしまうそうです。
体調を崩したりする人もいます。
夜勤がきついなら他の職場の募集を見て転職を検討するのも良いでしょう。

 

ナース募集

 

募集には、外来だけの病院など比較的夜勤の少ないものも多いです。

続きを読む≫ 2013/12/03 12:39:03

看護師の友人が今勤めている大学病院では、バツイチの人や未婚の人がとても多いと言います。
未婚の先輩は、海外旅行などもどんどん行くし、近頃マンションを購入したらしいと言っていました。
大学病院の看護師はお給料が良いので、結婚せずに自由気ままに楽しく暮らしている人も多いということ。
また、結婚しても、経済的に自立しているので、離婚に踏み切りやすいという状況がうまれるようです。
私の友人は、小さな子供がいながら共働きしています。
大学病院での仕事と、家事や育児の両立は大変だと言っています。
しかし、子供が急に熱を出した時や行事で休まないといけない時など、子育て中の人があまりいないので、休みやすいと言っていました。

続きを読む≫ 2013/12/03 12:38:03

中学生の時、にきびが花盛りになりました。
お洒落も少し気になりだした頃なのでお顔のぶつぶつが気になって気に
なって仕方がありません。
当時流行っていた塗り薬にはイオウの成分が含まれていた為、独特の臭いがあり、その臭いが苦手だったので、お風呂上りの皮膚が柔らかくなった時に潰していた。
いくら柔らかくなった皮膚を緩く触っ
てたとは言え自己流なお手入れをしていたのには変わりないのでさほどひどくはないけれど顔面クレーターになってしまっていた。
大人になった今はにきびや吹き出物はほとんど出ないが、お肌のボコボコが消える訳ではないので、鏡に向かう度にそのクレーターを見て後悔をしている毎日。
お化粧で多少は隠せても赤ちゃんのような綺麗な肌ではないのでやっぱり憂鬱です。

続きを読む≫ 2012/09/16 19:30:16

最近のノートパソコンの進化は本当にすごいですね。
軽くなってるし、立ち上がりも早いし。
そして一番の変化はいちいちハードディスクに保存しなくてもいいこと。
クラウドっていうんですか、サイバースペースにデータを保存して、いつでもどこでもどのパソコンからでもデータを見れるし、作業もできる。
もちろん、ファイルを共有できるので、共同作業や最新データのやりとりが非常に便利です。
ただ、どこかにサーバーがあるんだろうけど、壊れたりしないのか心配なのは、ちょっと古めの人間だからですかね。
やっぱり大事なデータは自分でも手元に保存したいですよね。

続きを読む≫ 2012/08/19 23:48:19

健康に長生きするためには、スポーツなどの適度な運動は欠かせません。
特に中高年になると若いときより運動不足になりがちです。

 

意識的に運動することを心がけないといけませんね。
ただ、こうした運動により、時として、命を危険にさらしてしまうことがあります。
例えば、熱中症でたおれたり、水泳中に溺れたり、心臓発作を起こしたりなど、様々なケースが考えられます。
こうした状況になった原因を調べてみると、多くはちょっとした油断が原因であることが少なくありません。
また、ちょっとしたムリが最悪の結末になることもあります。
中高年からの運動は記録を目指すアスリートのような運動スタイルは必要ありません。
無理なく体力に見合った運動を心がけましょう。

続きを読む≫ 2012/08/02 15:36:02
私が入院している時、中年と言っても、もっと高齢の看護実習生を見かけました。
今や、看護師の仕事に男女はありません。
とはいうものの、看護師の仕事は男女同じなのですが、その特性を生かし、女性は今まで同様きめ細かさで、男性は時に腕力も看護師の仕事の中に取り入れています。
そう、看護師の仕事の幅が拡がったのです。
更に最近は、サラリーマンを辞め、そこで携えたノウハウを医療福祉の中に取り入れてみようと看護師の資格を取り、その中に飛び込んでいく中高年の方が増えているそうです。
特に男性が多いようですが、女性もいます。
彼らは、患者さんの、怪我や病気になった時の不安を、同じ立場の経験を生かし、同じスタンスで接し、少しでも不安を軽減したいと言います。
これは本当に心強い限りです。
ナイチンゲールもこの姿を見たら大喜びするでしょうね。
続きを読む≫ 2012/07/20 13:12:20